肝臓内科

部長 本村 健太

TEL 0948-22-3800(内線:5215)

診療科の特徴

 増本院長含め6人で診療を行っています。入院患者の診療はチーム制で行い、方針決定や治療結果は科のカンファレンスで協議-確認し、診療内容の透明化、情報共有化に努めています。また、high volume centerの責務として臨床研究を行い情報発信に努め、科内で最新の知見を共有するための勉強会も定期的に行っています。
 診療対象の中心は、肝癌と肝炎-肝硬変です。これらの治療法は近年めざましく進歩し、患者さんの予後が大幅に改善されています。当科の肝癌治療での最近の進歩としては、2015年の設備更新を機に、経皮的ラジオ波焼灼療法をほぼ全例、血管造影室で施行するようになったことが挙げられます。
 ラジオ波焼灼療法とは一般に3cm以下、3個以内の肝癌を対象とし、腫瘍を電極針で穿刺-焼灼する根治的治療です。従来は病棟処置室で治療を行い、当日-翌日に造影CTで焼灼範囲を確認、焼灼に不足があれば後日追加治療、というスタイルでした。2014年末から導入した新しいラジオ波焼灼機器(Celon power)は、同時に2~3本の電極針挿入による確実な焼灼が特徴です。針先の正確な位置確認がCTでいつでもできる状況下での治療が望ましく、2015年に血管造影室のマルチスライスCTが2列から16列になり画像の精度が向上したこともあり、血管造影室での治療を行うようになりました。治療後即焼灼範囲を確認し、焼灼不足部位があれば、すぐに追加焼灼を行うことができ、殆どの症例が1日で治療を終了することができるようになりました。この方法で根治度を高めていることが、2016年2月に施行されたISO外部審査でも高く評価されました。
 手術やラジオ波などの根治的治療ができない進行肝癌に対するリザーバー動注療法、分子標的治療薬ソラフェニブ治療、放射線治療、治験への参加など、患者さんの病状および背景も考慮した最適の方法で実施しています。News & Topicsでも触れた肝炎治療も含め、肝臓内科では、これら最新の治療を、筑豊地域の患者さんに滞りなく届けたいと考えています。

肝臓内科News&Topics

 C型肝炎ウイルス除去治療は、インターフェロン注射が不要で、副作用が軽微な経口抗ウイルス薬治療のみの治療が続々と登場しました。遺伝子型1型のウイルスに対しては、2014年9月の「アスナプレビル・ダクラタスビル」を皮切りに、2015年7月「ソフォスブビル・レディパスビル」、同11月「オムビタスビル・パリタプレビル」と3通りの治療が選択可能となり、2型のウイルスに対しても2015年5月に「ソフォスブビル・リバビリン」が登場しています。当科ではこれらの治療をすでに400名以上の患者さんに対して行っており、治療効果が判明している方では、約9割の方でウイルス除去が出来ています。慎重に経過を見ながら治療していることもありますが、後遺症が残るような副作用や治療による死亡例は今までのところありません。
 外来での検査として「フィブロスキャン」という肝臓の弾性(硬さ)を測定する機器を導入しました。慢性肝疾患による肝臓の線維化を極めて正確に評価できます。同時に脂肪肝の程度も数値化できる機能もあり、今後の診療に大いに役立つものと考えています。

このページの一番上へ

スタッフ紹介

スタッフ紹介はこちら

このページの一番上へ

外来担当スケジュール

詳細はコチラ

このページの一番上へ

2015年診療実績

 

総退院患者数 926人
609人
317人
急患入院数 435人
(内救急車数) 150人
予約入院数 491人
平均在科日数 13.2日
平均年齢 70.1歳
1)疾患別内訳
病名 件数 平均年齢
肝細胞癌 370 269 101 72.9
肝硬変(肝癌含む) 510 382 128 68.6
C型慢性肝炎(肝癌含む) 50 31 19 72.5
B型慢性肝炎(肝癌含む) 21 9 12 55.4
アルコール性肝障害 7 5 2 50.7
胆石症および胆道系感染症 332 181 151 72.2
膵臓癌 3 1 2 74.0
胆管癌 30 19 11 80.1
胆嚢癌 12 5 7 72.3
胆管細胞癌(肝内胆管癌) 6 5 1 68.0
肝膿瘍 7 7 0 73.6
2)処置件数
処置 患者数
経皮的ラジオ波焼灼療法 89
肝動脈塞栓術 156
抗癌剤・リピオドール動注療法 58
肝動注化学療法 13
経中心静脈的化学療法 7
経皮経肝的ドレナージ術(PTCD、PTGBD) 59
腹水濃縮再静注 84
インターフェロンフリー治療新規導入 245
ソラフェニブ治療(総数170)新規導入 45
3)死亡例内訳
死因 患者数
原発性肝癌 27
 (肝細胞癌 27)
 (肝内胆管癌 0)
肝硬変(肝不全) 10
アルコール性肝障害 2
急性胆嚢炎 1
胆管癌 5
胆嚢癌 4
その他 14
63