腎臓内科

部長 平川 亮

TEL 0948-29-8039(外来直通)

診療科の特徴

 飯塚病院腎臓内科は、筑豊地域の高度急性期および救急医療を担う飯塚病院の腎臓内科として、急性腎障害、慢性腎臓病、そして末期腎不全に対する医療のすべてを包括的に提供しています。
 具体的には、高度な侵襲や多臓器不全、慢性腎臓病の増悪による急性腎障害、また、慢性腎臓病を持つ患者さんの手術や治療を、各診療科と協力して行っています。
 慢性腎臓病に対しては、腎炎から糖尿病、高血圧など、さまざまな原因による慢性腎臓病の診断を行い、腎臓専門医、看護師、栄養士、臨床工学技士などによるチーム医療により、それぞれの疾患に対して適切な医療を提供しています。
 慢性腎臓病による腎機能低下は基本的には不可逆ですが、腎機能低下の進行を抑制することは、原因が糖尿病であれ、腎炎であれ十分に可能になっています。腎不全は不可逆ですので、なるべく腎機能が下がる前に介入したほうが、患者さんの予後を改善します。尿蛋白や、糸球体ろ過量(GFR)の低下を認めた際は、早期にご紹介いただければ幸いです。
 残念ながら末期腎不全に至った患者さんに対しては、3種類の腎代替療法(血液透析、腹膜透析、腎移植)について、十分な説明を行い個々の患者さんに適した腎代替療法を提供するよう努めています。腎移植を選択された患者さんは、九州大学病院腎移植外科などに紹介しています。また、透析療法は、血液透析、腹膜透析そしてその併用療法のいずれについても対応しており、透析療法への導入や透析療法に伴う合併症の治療を行っています。
 また、国際学会を含む学会や研究会への発表、参加を行い、また、九州大学などさまざまな医療機関、大学との交流や協力により、常に最新の医療を提供できるよう研鑽しております。

腎臓内科News&Topics

 2018年3月末で古庄医師が退職し、2018年4月より服部医師が着任いたしました。
 2018年より、飯塚地区でも糖尿病性腎症重症化予防プログラムへの取り組みが始まりました。当科も、腎臓専門医、専門看護師、栄養士によるチーム医療により、糖尿病性腎症のみならず慢性腎臓病の予後改善のために貢献していきたいと考えております。

このページの一番上へ

スタッフ紹介

スタッフ紹介はこちら

このページの一番上へ

外来担当スケジュール

詳細はコチラ

腹膜透析外来(月曜・水曜・木曜(隔週)・金曜(隔週))

このページの一番上へ

2017年診療実績

  項     目 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計
1 外来患者数 1,119 1,104 1,177 1,091 1,015 1,029 1,046 1,091 1,018 1,034 1,004 1,114 12,842
2 外来血液透析患者数
(延べ)
1,269 1,235 1,385 1,275 1,336 1,206 1,263 1,264 1,292 1,232 1,185 1,285 15,227
3 外来腹膜透析患者数
(延べ)
85 177 249 152 170 222 283 248 80 106 149 119 2,040
4 総入院数 75 88 86 66 67 68 86 92 68 56 66 71 889
5 新患紹介数 15 13 26 17 19 13 24 21 14 11 15 12 200
6 シャント、テンコフ、
アンルーフィング手術
12 12 9 5 8 8 11 19 12 3 9 15 123
7 PTA
(血管結紮術、その他)
8 10 13 4 8 8 5 11 10 3 11 18 109
8 年間死亡患者数 1 1 0 0 0 1 1 1 0 0 1 0 6
新規透析導入患者数推移
  2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
腹膜透析新規導入 12 10 10 8 7 6 7 12 14 12
血液透析新規導入 64 74 72 77 70 75 62 65 58 67
専門医、認定の修得件数
1 日本内科学会認定内科医 6
2 日本内科学会総合内科専門医 4
3 日本透析医学会専門医 3
4 日本透析医学会指導医 1
5 日本腎臓学会腎臓専門医 3
6 日本腎臓学会指導医 1