画像診療科

部長 鳥井 芳邦

TEL 0948-29-8035(外来直通)

画像診療科オリジナルホームページへ

診療科の特徴

 飯塚病院の画像診療科・中央放射線部は、最新かつ最高級の放射線機器・画像診断装置を完備して、高精度で迅速な画像診断、QOLを重視した新時代のインターベンショナル・ラジオロジー(IVR;カテーテル等を使用して行う治療)を行っています。
 スタッフは放射線科専門医の資格を持った6名の医師(常勤5名、非常勤1名)、看護師11名、クラーク3名で頑張っています。医師、看護師は中央放射線部と兼任で、診療放射線技師55名、クラーク5名です。
 先生方より検査依頼の多いCT、MR検査は検査待ち日数が短縮され、いつでも検査が行える状況になりました。診察なしで画像検査だけをご希望の先生方は、画像診療科受診での検査が便利です。CT、MRや核医学などの検査は予約が必要ですので、画像診療科外来(直通電話:0948-29-8035)にてご予約の上、検査当日に画像診療科受診をお願いします。
 IVRは患者さんへの侵襲が少なく、QOLやコストパフォーマンスを考慮した良い治療法です。デバイスなどの発達とともに、今後ますます発展が期待されています。当科ではCT装置を備えた血管造影装置を導入し、より精度の高いIVRを行っています。

画像診療科News&Topics

 2015年6月に、2003年より使用していた旧ANGIO装置が更新され、あらたに16列MDCT装置を備えたプラットパネル式のANGIO装置(東芝製)が導入されました。
 新しいANGIO-CT装置は、従来のものより被曝線量がかなり低減されて患者・術者に優しく、しかも搭載されるCTも90cmの大口径ですので術者は操作しやすく、今まで以上に高精度で多様かつ迅速なIVRが可能となり、IVRの主力機種として活躍しています。
 2016年5月には、3T-MRI装置(Philips社製)が新規導入され、当院もMRI装置3台体制(1.5T:2台、3T:1台)となりました。慢性的な供給不足の解消のみならず、今回の機種は臨床レベルでの最新かつ最高級装置ですので、従来できなかったMR検査や3Tならではの高度MR検査が可能となり、より高度・高画質のMR画像を以前よりは多少迅速に、院内外の先生方に提供できるようになりました。

このページの一番上へ

スタッフ紹介

スタッフ紹介はこちら

このページの一番上へ

PET/CT関連書類

詳細はコチラ

このページの一番上へ

外来担当スケジュール(予約制)

詳細はコチラ

※初診時には原則として紹介状が必要です。

このページの一番上へ

2016年診療実績

1)診療実績(画像診療科で検査、報告書作成、及び 治療を施行した件数・症例数)
  2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
CT 34,162 36,812 38,798 39,774 39,614
MR 8,259 8,617 8,080 8,514 9,154
マンモグラフィ ※1 2,778 2,882 1,037 1,244 1,304
尿路造影検査 158 98 60 62 41
PET-CT - 744 1,177 1,230 1,024
核医学検査(PET-CT以外) 1,638 1,412 1,279 1,305 1,384
血管造影・IVR 507 469 420 399 459

※1 ドック撮影における報告書作成は2013年まで

診療実績(画像診療科で検査、報告書作成、及び 治療を施行した件数・症例数)

2)IVR・血管造影の内訳
  2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
肝細胞癌の動脈塞栓術 176 145 167 190 220
肝ラジオ波焼灼術(RFA) ※1 - - - - 91
動注化学療法 70 66 47 0 ※5 1
出血性病変の止血術 52 52 29 40 46
リザーバー留置 7 15 12 11 9
CTガイド下生検・ドレナージ 16 5 12 3 5
VATSマーカー留置 9 13 13 20 10
シャントトラブルのPTA ※2 86 76 56 48 33
経皮経肝的門脈塞栓術(PTPE)※3 - 7 2 4 1
脳血管内治療 ※4 7 7 4 1 2
その他 40 42 45 59 23
検査のみの血管造影 44 41 33 23 18
合計 507 469 420 399 459
緊急血管造影 70
(13.8%)
60
(12.8%)
35
(8.3%)
48
(12.0%)
52
(11.3%)

※1 肝臓内科施行 2015年以前はその他に分類
※2 腎臓内科施行
※3 経皮経肝的門脈塞栓術(PTPE)は2013年より集計開始
※4 脳神経外科施行 2012年は、脳動脈瘤コイル塞栓術のみの集計
※5 保険の関係上、2015年以降肝癌ケモリピオドリゼーションを塞栓とした