病理科

部長 大屋 正文

TEL 0948-22-3800(内線:2292)

診療科の特徴

 飯塚病院や関連病院の診療科から提出される症例について、細胞診断、生検組織診断、手術材料の組織診断、術中迅速診断および病理解剖を行っています。
 病理標本の背景には、画像情報を含めた多彩な臨床情報や肉眼所見などの重要な鍵となる情報があります。これらを的確につかむためにも、臨床各科との密な連携や、正確なマクロ所見の把握、免疫染色等を用いた特徴的なミクロ所見の理解等が病理診断の要となります。当院では、病理標本はバーチャルスライドとして保存する業務をルーチン化しています。デジタル画像は最終診断後、数日以内で院内の患者情報システムにアップされ、患者説明やカンファレンス、学会発表等への利用が可能となります。
 院内カンファレンスには、CPCをはじめ臨床各科との定期カンファレンスを行っています(これらは基本的にオープンで、院外からの参加を歓迎いたします)。
 現在病理スタッフは、常勤病理医3名、細胞検査士5名、臨床検査技師2名、事務担当1名です。九州大学形態機能病理や久留米大学病理大島孝一教授等の諸先生からも定期的に診断応援をいただき、多彩な疾患への迅速で正確な診断を期しています。

病理科News&Topics

 当院病理科は2016年4月から常勤3名体制となっています。九州大学形態機能病理学教室の関連病院として、大学から継続した人的・診断面の支援を受けております。日常診断では、組織~細胞診断に際しては、特殊染色や免疫染色を用いて、出来るだけ客観的な所見の評価を目指しています。病理診断内容に最新の情報を盛り込めるよう、WHO分類のテキストや癌取扱い規約などの最新書籍を揃えています。院内では病理診断・細胞診断の依頼~報告がオンラインとなり、病理標本の保存と管理は、主としてバーチャルスライドです。現在、病理組織標本の顕微鏡写真は、スナップ写真と共に、バーチャルスライドの添付も可能となっています。2015年8月から病理診断室は中央棟2階の南面室から北面室へ移転、スペースが拡張されました。

このページの一番上へ

スタッフ紹介

スタッフ紹介はこちら

このページの一番上へ

2015年診療実績

  1. 病理組織診断 10,517件(特染 1,687件、免疫染色 1,928件)
    癌1,028件 肉腫 10件 リンパ腫 149件 黒色腫 5件
  2. 術中迅速診断 364件
  3. 細胞診 11,051件
  4. 遺伝子診断 9件
    ISH法によるEBER-1の解析
    (検体は胃切除標本など)
  5. 血球細胞機能検査 702件
    (フローサイトメトリーによる造血器腫瘍の診断など)
    検体は末梢血、骨髄、リンパ節等の新鮮材料
  6. 腎生検 32件
  7. 蛍光抗体検査 68件
  8. 剖検 21件
剖検内容一覧 (主病理診断名、一部臨床診断名を含む)
剖検番号 病理診断名(一部臨床診断名を含む)
剖1673 1.空腸全層性壊死(非閉塞性腸間膜虚血症による)。
消化管出血(回腸~横行結腸まで血性内容物)、淡血性腹水(800ml)を伴う。
剖1674 1.急性動脈閉塞症(左右総腸骨動脈)。両下肢ガス壊疽に対してデブリートメント後の状態。両下肢の壊死を伴う。
2.肺腺癌(浸潤性粘液腺癌、右肺上葉切除後3年、左肺下葉S10部分切除後9ヶ月、腹膜転移巣減量術後48日の状態)。腹膜転移巣残存あり、リンパ節転移なし
3.肝臓Intraductal papillary neoplasm of bile duct(左葉切除後3年の状態)、再発転移なし
剖1675 偽膜性腸炎(腸管壁変性と腹水貯留を伴う)
剖1676 拡張型心筋症(重量572g、僧帽弁閉鎖不全を伴う)
剖1677 低酸素脳症(びまん性の皮質層状壊死や基底核変性を伴う)
剖1678 脳出血(右小脳、中脳、右前頭葉底、右視床、硬膜下・くも膜下出血を伴う)
急性間質性肺炎(両肺、器質化期、気管支肺炎を伴う)
剖1679 1.急性骨髄性白血病(AML-M7) MDSから移行、化学療法後、芽球再発
2.甲状腺癌(右葉切除後11年、詳細不明、再発転移なし)
剖1680 間質性肺炎(両肺、UIP+DADパターン)、うっ血水腫、気管支肺炎を伴う
剖1681 悪性黒色腫(胸膜、左肺、横隔膜、腸間膜、大動脈周囲脂肪織、脾臓周囲脂肪織)
肉芽腫性肺炎(右肺、抗酸菌)
剖1682 間質性肺炎(通常型間質性肺炎、上葉優位型肺線維症、急性増悪像を呈する)
剖1683 細菌性髄膜炎(急性+亜急性、脳室炎や水頭症を伴う)
剖1684 1.糖尿病(糖尿病性腎硬化症、膵ラ氏島にアミリン沈着を伴う)
2.敗血症(甲状腺、膵、大腸等に微小膿瘍を伴う)
剖1685 腹膜炎
大動脈解離(Stanford B型、DeBakey IIIb型)
剖1686 肝細胞癌
剖1687 消化管穿孔、小腸虚血、重症急性膵炎、大腸菌菌血症
剖1688 慢性腎不全増悪、TEN
剖1689 右下肢急性動脈閉塞症
剖1690 誤嚥性肺炎、レンサ球菌菌血症
剖1691 胸部大動脈瘤破裂、菌血症、慢性腎不全、糖尿病、高血圧
剖1692 敗血症ショック
剖1693 急性心不全、僧帽弁閉塞不全症、拡張型心筋症、発作性心房細動

病理解剖