病理科

部長 大屋 正文

TEL 0948-22-3800(内線:2292)

診療科の特徴

 飯塚病院や関連病院の診療科から提出される症例について、細胞診断、生検組織診断、手術材料の組織診断、術中迅速診断および病理解剖を行っています。
 病理標本の背景には、画像情報を含めた多彩な臨床情報や肉眼所見などの重要な鍵となる情報があります。これらを的確につかむためにも、院内の医療情報システムを活用した臨床経過や臨床画像の情報、正確なマクロ所見の把握、免疫染色等を用いた特徴的なミクロ所見の検出等が病理診断の要となります。当院では、病理標本はバーチャルスライドとして保存する業務をルーチン化しています。デジタル画像は最終診断後、数日以内で院内の医療情報システムにアップされ、患者説明やカンファレンス、学会発表等への利用が可能となります。
 院内カンファレンスには、CPCをはじめ臨床各科との定期カンファレンスを行っています(これらは基本的にオープンで、院外からの参加を歓迎いたします)。
 現在病理スタッフは、常勤病理医3名(うち病理専門医は2名)、細胞検査士5名、臨床検査技師2名、事務担当1名です。九州大学形態機能病理や久留米大学病理大島孝一教授等の諸先生からも定期的に診断応援をいただき、多彩な疾患への迅速で正確な診断を期しています。

病理科News&Topics

 当院病理科は2016年4月から常勤3名体制となり、2017年は4月から九州大学形態機能病理学教室の専攻医が加わりました。2016年度と同様、院内の初期研修医の1名も短期でローテーションする予定です。九大病理学教室の関連病院として、継続した人的・診断面の支援を受けております。日常診断では、組織~細胞診断に際しては、特殊染色や免疫染色を用いて、出来るだけ客観的な所見の評価を目指しています。病理診断内容に最新の情報を盛り込めるよう、WHO分類のテキストや癌取扱い規約などの最新書籍を揃えています。院内では病理診断・細胞診断の依頼~報告がオンラインとなり、病理標本の保存と管理は、主としてバーチャルスライドです。現在、病理組織標本の顕微鏡写真は、スナップ写真と共に、バーチャルスライドの添付も可能となっています。2015年8月から病理診断室は中央棟2階の南面室から北面室へ移転、スペースが拡張されました。

このページの一番上へ

スタッフ紹介

スタッフ紹介はこちら

このページの一番上へ

2016年診療実績

  1. 病理組織診断 10,011件(特染 1,745件、免疫染色1,898件)
    癌 656件 肉腫 5件 リンパ腫 126件 黒色腫5件
  2. 術中迅速診断 387件
  3. 細胞診 11,075件
  4. 遺伝子診断 14件
    ISH法によるEBER-1の解析
    (検体は胃切除標本など)
  5. 血球細胞機能検査 751件
    (フローサイトメトリーによる造血器腫瘍の診断など)
    検体は末梢血、骨髄、リンパ節等の新鮮材料
  6. 腎生検 45件
  7. 蛍光抗体検査 88件
  8. 剖検 24件
剖検内容一覧 (主病理診断名、一部臨床診断名を含む)
剖検番号 病理診断名(一部臨床診断名を含む)
剖1694 1.気管支肺炎(右肺760g:左肺624g、うっ血水腫を伴う)
剖1695 前頭側頭葉変性症 (FTLD-TDP, type B)
剖1696 1.肝膿瘍(胆嚢炎、胆石症、肝細胞障害、黄疸を伴う)
[2.菌血症]
剖1697 1.急性骨髄性白血病(M5a)(発症12日、化学療法開始2日後)
浸潤範囲: 心臓、両肺、胆嚢、肝臓、胃、十二指腸、膵臓、膀胱、脾臓、骨髄、腎臓
剖1698 全身性脂肪萎縮症 (高度るいそうや筋肉減少症、低血糖症状を伴う)
剖1699 1.門脈血栓症
 a. 腸間膜静脈などの多数の静脈内血栓症や肺塞栓症を伴う
 b. 肝臓および脾臓梗塞
 c. 回腸~横行結腸出血性梗塞(右半結腸切除後20日の状態)
 d. 好酸球浸潤を伴う
2.敗血症(大動脈壁および腸間膜動脈、グラム陽性球菌)
剖1700 出血性胃潰瘍(UL-III、胃内に約600gの凝血塊、腐食動脈を含む)
剖1701 1.脳膿瘍
(1492g、左側頭葉、左側脳室~第4脳室までの脳室内膿瘍や脳室炎、水頭症を伴う)
剖1702 悪性リンパ腫 (腸管症型T細胞リンパ腫)浸潤巣:両肺、肝、脾、両側副腎、骨髄、リンパ節(肺門部、肝門部、大動脈周囲、膵周囲、腸間膜)
剖1703 敗血症性ショック、腸管虚血、ARDS
剖1704 肺炎、間質性肺炎
剖1705 1.右肺膿瘍および両気管支肺炎、誤嚥性肺炎、肺気腫を伴う
2.結節性多発動脈炎(心、肝、胆嚢、両副腎、胃、結腸、膀胱の血管炎を伴う)
3.S状結腸癌、中分化腺癌 S状結腸切除術後2年6ヶ月の状態、化学療法後の状態浸潤転移なし
剖1706 1.全身性アミロイドーシス (心、両肺、大腸、大動脈や膵周囲の血管壁)
2.胃癌(幽門部全周、低分化腺癌、0-IIc様進行癌)転移なし
剖1707 巣状肺炎(右上下葉、左上葉、肺胞障害像を伴う)
剖1708 S状結腸・直腸憩室穿孔、腹腔内膿瘍、混合性結合組織病
剖1709 侵襲性副鼻腔炎
剖1710 死因不明
剖1711 腸管壊死
剖1712 敗血症ショック、腸炎
剖1713 急性心不全
剖1714 急性呼吸促進症候群、誤嚥性肺炎、脳梗塞
剖1715 腸球菌感染性心内膜炎、出血性直腸潰瘍、慢性腎不全
剖1716 肺炎
剖1717 敗血症性ショック、肝癌

病理解剖