飯塚病院 治験推進本部

  • 文字サイズ
  • 小
  • 大

治験推進本部 > 製薬会社・企業の方へ > 当院の治験の特徴

当院の治験の特徴

当院は積極的に治験を受託しており、その取組について説明しています。

国際共同治験について

最近は当院も国際共同治験を受託する機会が増えてまいります。これに対応するためパソコン(PC)の増設およびインフラ整備にも力を注いでいます。

※治験管理室内のPCは全てインターネット接続可能であり、国際電話回線も必要に応じて設置可能な態勢をとっております。

被験者スクリーニングシステムについて

依頼者からの調査、事前スクリーニングさらには治験開始後の被験者探索のための「被験者スクリーニングシステム」を導入いたしました。これは、過去一年間のデータを専用サーバに蓄積させ、スピーディーな検索が可能になります。

治験中の薬剤逸脱防止対策について

当院では、治験期間中の併用禁止薬・併用制限薬に関する情報を「診療画面」や「患者情報照会画面」で閲覧できるシステムを導入しており、併用薬剤による逸脱防止対策に効果を発揮しております。

非盲験調剤対応について

治験管理室の専任薬剤師が治験薬割付も実施し、非盲研調剤に対応しています。

非盲検調剤対応

このページの一番上へ