飯塚病院 治験推進本部

  • 文字サイズ
  • 小
  • 大

治験推進本部 > 治験推進本部とは > 治験推進本部長あいさつ

治験推進本部長あいさつ

副院長・循環器内科部長/治験推進本部長 山田 明
副院長・循環器内科部長
/治験推進本部長
山田 明

自然界から発見された物質や化学的に合成された物質が長い年月をかけて研究された結果、病気に効果があり人に対して安全に使用できると考えられたものから新しい「薬」が生まれます。新薬開発の最終段階で人での効果と安全性を確認する臨床試験が治験であり、その成績が国の審査を経て承認されると「薬」として一般に使用されることになります。

病気の治療法が進歩するためには、より安全で効果の高い新薬の開発が必要であり治験はとても重要なものです。このため国は平成15年に「全国治験活性化3ヵ年計画」を発表し、さらに平成19年には「新たな治験活性化5ヵ年計画」を発表して、医療機関、産業界、学会などに協力を呼びかけ治験を推進しています。飯塚病院は従来から積極的に治験に取り組んできましたが、平成21年に治験管理室の体制を強化しさらに治験推進本部を設置して、これまで以上に治験に力を入れています。

治験の実施にあたっては、科学的な質と成績の信頼性を確保し、患者さんの権利と安全を守ることを定めた法律が遵守されます。第三者委員会である治験審査委員会が安全性、科学性、倫理性を検討して審査しますので、患者さんは安心して治験にご参加いただけます。

このページの一番上へ